正しく服用するため/抗うつ剤としても人気の高いサインバルタの魅力とは

抗うつ剤としても人気の高いサインバルタの魅力とは

正しく服用するため

カラフルなカプセル

サインバルタは、2010年に開発された抗うつ剤で、その効果の高さと安全性が高く評価されている医薬品です。
サインバルタの有効成分がデュロキセチンとよばれるもので、脳内のセロトニンとノルアドレナリンを増加させる役割があります。
また、うつ症状を改善するために使用されることが多いですが、体の痛みにも有効ということで、現在では日本だけではなく世界各国で処方されている人気の薬です。

人気がある、安全性が高い、副作用が少ないことで人気のサインバルタではありますが、正しく服用しなければ十分な効果は得られません。
また、場合によってはそれだけではなく体に悪影響を与えてしまう恐れがありますので注意が必要です。

サインバルタの正しい服用方法ですが、朝食を食べた後に水やぬるま湯と一緒に服用します。
うつ症状を改善するために服用する際には40㎎服用(最大1日60㎎まで)、体の痛みを改善するために服用する際には60㎎服用します。
また、はじめて服用するという場合には20㎎から飲み始めるようにしましょう。

サインバルタは緩やかに効果を発揮する薬となりますので即効性はありません。
効果が現れるまでには1週間程度かかりますので、気長に試していきましょう。